【FGO】アルトリア・ペンドラゴン(セイバー)の評価とサーヴァント特性/宝具/スキル倍率

【FGO】アルトリア・ペンドラゴン(セイバー)の評価とサーヴァント特性/宝具/スキル倍率

FGO(Fate/Grand Order/FateGO)の星5サーヴァント、アルトリア・ペンドラゴン(セイバー/青セイバー)のスキルや宝具、ステータスなどからアルトリア・ペンドラゴンは強いのかどうかの評価や、アルトリア・ペンドラゴンの運用方法、及び育成優先度等を考察している。

当記事では概念礼装や低レアリティサーヴァント、フレンドとの組み合わせなど無課金でも運用できる方法を紹介していく。星5が出ないという場合でもフレンドでサポートとして使用する際の参考にして欲しい。

アルトリア・ペンドラゴンの評価/ステータスと特性

アルトリア・ペンドラゴンの評価

言わずと知れたFateの顔とも言えるキャラクター。FGOでは全体攻撃宝具とバスターカードを用いた攻撃でダメージを稼ぎつつ、スキルによる攻撃支援もこなすサブ寄りのアタッカーとしての役割を担う。

セイバークラスの最高レアリティであるためステータスの総合値(特にHP)が高いものの、全てのスキルが攻撃に編重しているので、相手の大ダメージ行動に対しアルトリアを「守る」のか「落ちても構わない」と割り切るのかプレイヤーに判断が求められる

「守る」選択肢は、マスタースキルや入手が容易な低レアリティサーヴァントで賄うこともできるので、大ダメージに対する対策さえ取っておけば高いHPを有効に活用できることを覚えておこう。

アルトリア・ペンドラゴンのステータスとサーヴァント特性

【ステータス】
フォウくんは未反映

Lv HP ATK
90 15,150 11,221
100 16,597 12,283
コマンドカード性能
クイック×1 アーツ×2 バスター×2
2hit 2hit 1hit
EX性能 宝具性能
3hit 1hit/バスター

 

【サーヴァント特性】
天地人……地(人に強く、天に弱い)
方針 ……秩序
性格 ……善

特性 関連するスキルや特攻宝具など
サーヴァント ・ルーラー系「神明裁決/真名看破」など
騎乗スキル ・織田信長(弓)の宝具特攻など
人型 ・ナイチンゲール「人体理解」
・概念礼装「死の芸術」など
・ジャンヌダルクオルタ「竜の魔女」など
アルトリア顔 謎のヒロインXの宝具特攻
セイバークラスの
サーヴァント
・謎のヒロインX〔オルタ〕の宝具特攻
アーサー ・モードレッドの宝具特攻など
・不夜城のキャスター宝具特攻/
・不夜城のキャスター「対英雄」など

 

アルトリア・ペンドラゴンの「スキル/クラススキル」

【カリスマB】
・味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)
Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
9% 9.9% 10.8% 11.7% 12.6%
Lv6 Lv7 Lv8 Lv9 Lv10
13.5% 14.4% 15.3% 16.2% 18%
【魔力放出A】
・自身のバスターカード性能をアップ(1ターン)
Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
30 32 34 36 38
Lv6 Lv7 Lv8 Lv9 Lv10
40 42 44 46 50
【直感A】
・スターを大量獲得
Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
5 6 7 8 9
Lv6 Lv7 Lv8 Lv9 Lv10
10 11 12 13 15

 
【アルトリア・ペンドラゴン/クラススキル】

クラススキル 効果
対魔力A 20%弱体耐性
騎乗B 自身のクイックカード性能8%上昇

 

アルトリア・ペンドラゴンの「宝具」について

NPリチャージ効果があるが、2発目を回すには工夫が必要になる。宝具チェイン時も意図した戦い方をする時以外は特に意識する必要はなく、先頭に持ってきてしまおう。

エクスカリバー
約束された勝利の剣
OC効果「NPチャージ」/チャージ率
20%
100%
27.5%
200%
35%
300%
42.5%
400%
50%
500%

アルトリア・ペンドラゴンの運用方法

基本的にはバフと全体宝具を活かしたイベントクエストの周回要員として起用しよう。

高難易度もアタッカーとして機能させることはできるが、防御スキルを持たないため複数のサーヴァント戦や大型エネミーと対峙する際は攻撃し続けるしか選択肢がなく、継続的に火力が出せるわけでもないのでやや取り回しづらい。

NPリチャージ活用例

エクスカリバー発動後には20~50%のNPが再充填される。しかし、NP50%リチャージを発動させるためにはOCを500%チャージする必要がある。実用性はあまりなく、ほとんど遊びに近いがNPリチャージを活かした編成例を紹介しよう。

【手順1】
パーティーメンバーを
・アルトリア(※魔性菩薩装備)
・トーマスエジソン(※カレイドスコープ装備)
・諸葛孔明(フレンド)
・諸葛孔明(補助礼装)
に設定。
【手順2】
・諸葛孔明のスキルを使用し、エジソンの宝具でバトル1を突破
・アルトリアの宝具でバトル2を突破
・オーダーチェンジを行い孔明同士をチェンジ
・孔明のスキルで再度アルトリアのNPを100%に

オーダーチェンジで呼び出す孔明に「絆礼装/九首牛魔羅王/ゴールデン捕鯉魚図」などを持たせれば火力を増強できる。無い場合はカレイドスコープで孔明自身の宝具を使用できるようにするか、次ターン用にクリティカルスター供給礼装を持たせる、いっそ何もつけないなど自由で構わない。

準備する手間が多いものの、孔明のスキルやエジソンの大量生産とアルトリアの直感、ゴールデン捕鯉魚図を合わせたクリティカルがハマれば中々の1ターン火力を出すことができる。フリークエスト等でも等倍であっても3ターン周回が可能になるクエストも多い。

エクスカリバーの火力は中々

参考までに孔明「軍師の指揮」×2、とアルトリアのバフ、マスタースキル「全体強化」を入れた際のエクスカリバーの最終ダメージは、宝具1でも等倍およそ8万。宝具2ならば10万を超える。カード運に左右されるが後続のクリティカルと合わせれば20万程度までなら十分に3ターン周回(未確定Ver)に対応可能となっている。

また、スキルレベルを上げておく必要があるが、エジソンの代わりはエレナ(術/弓)でも代用が可能。

アルトリア(セイバー星5)の評価まとめ

全体宝具でのイベントクエスト周回要員以外でアタッカーとして真価を発揮するためには、「直感」を活かしたバスタークリティカルを叩きつけられる編成が望ましい。用意する物は多いが、魔力放出を乗せた際のバスタークリティカルは十分に一線級でもある。

また、第2部のキービジュアルにおいてアヴァロンを構えたアルトリアがセンターを飾っている。FGOにおいてはあまりスポットを浴びることがなかった彼女だが、噂される第二宝具や第2部ストーリーでの活躍などが期待されている(第1部もセンターはアルトリアだったとか言わない)。

その他の星5サーヴァント評価と運用方法

【アナスタシアの評価はこちら】
アナスタシアの評価と運用方法

【プロトアーサーの評価はこちら】
プロトアーサーの評価と運用方法

【謎のヒロインXの評価はこちら】
謎のヒロインXの評価と運用方法

スマホゲーム攻略情報カテゴリの最新記事