【レトロゲーム好き必見!】GW中にやりこみたい買い切りゲーム3選

【レトロゲーム好き必見!】GW中にやりこみたい買い切りゲーム3選

ついに春の大型連休、ゴールデンウィークがやってきた。
思う存分じっくりとゲームのできるこの期間は、やりこみ要素満載の買い切りゲームにチャレンジしやすい時期だ。
そこで今回は、アクション、ロールプレイング、アドベンチャーの3ジャンルからそれぞれおすすめのゲームをご紹介する。
ドット絵などが特徴的なレトロゲーム好きな方に特におすすめできるゲームのチョイスとなっているので、昔はよくゲームをしていたが最近買い切りゲームはしていない、という方にも是非チャレンジしてみてほしい。

ケロブラスター

ケロブラスターは、サラリーマンのカエルとなって様々なエリアに出張し、武器を使って「大そうじ」をするアクションゲームだ。


アクションゲーム慣れしていないとそれなりの手応えを感じる難易度の本作だが、アクション初心者の方にも安心してほしい。
何度もチャレンジして敵の落とすコインを集め、体力を増やしたり武器を強化することで難易度が下がって攻略しやすくなるぞ。


通常モードのストーリーが終わるとハードモードが解放されるが、こちらは一気に何度が跳ね上がるので、それなりにアクションゲーム慣れしている人でも歯ごたえを感じることができるのではないだろうか。
こちらのハードモードはストーリーもマップも、通常モードをベースとしながらも大きく異なっていて、ひとつのゲームで2度楽しめるような作りになっている。


更に隠し武器などの隠し要素もあるなど、非常にやり込み要素たっぷりのアクションゲームだ。

 

ドラゴンクエスト5

有名ロールプレイングゲームの中からのチョイスとなる、ドラゴンクエスト5。
アプリ版はほぼDS版からの移植となるため、初めてプレイする人だけでなく、SFC版やPS2版はプレイしたがDS版はやっていない、という方も数多くの新要素を楽しむことができるぞ。


まずストーリーの面では、結婚できる相手が3人いるので、1回クリアしても次はまた別のキャラと結婚するなどして、何度でもストーリーを楽しむことができる。
また、仲間キャラクターの会話量が膨大なため、さまざまなキャラでストーリー進行に合わせてこまめに話を聞いていくのが楽しいというのもポイントだ!


その上で特筆すべきは、ストーリーの攻略以外にもモンスターを仲間にしたり、カジノやすごろく場で遊んだり、ちいさなメダルや各地の名産品を集めたりと、やりこみ要素が多数あることだ。


冒険だけでなくこうした遊び要素に時間を費やすのも、醍醐味のひとつだろう。

 

マジョのシマ

マジョのシマは、マジョに呪いをかけられた少女が朝までに盗まれた壺を探すため、長い夜の間に島の中を探索することとなるマルチエンドの謎解きアドベンチャーゲームだ。


ストーリーは1周しただけでは物語の全貌を知ることはできず、幾度もさまざまなルートを探索し、いくつものエンディングを経て謎を解き明かし、トゥルーエンドを探していくこととなる。
マジョに支配された島の寂しげで幻想的な雰囲気、その世界観にマッチしたドット絵のデザインと音楽、時間によって動く1人1人のNPCなど、ゲーム自体が丁寧な作りになっているのでより深く物語の世界に没頭できること間違いなしだ。


ヒントなしではスムーズな攻略の難しい難易度だが、一度クリアすればそこまでに解放したキーとなる行動やアイテムの攻略法が見られるようになるため、それを頼りに狙ったルートの攻略を進めることができる。


このゴールデンウィークは、じっくりとマジョのシマの世界観に深く没頭してみてはいかがだろうか。

おわりに

いかがだっただろうか。
さまざまなジャンルからチョイスしたので、普段馴染みのないジャンルのゲームに挑戦してみるのもよいだろう。
やりこみゲームを普段から探しているという方も、なかなかじっくりとゲームに取り組む時間が取れないという方も、是非このゴールデンウィークは腰を据えてゲームに没頭してみてはいかがだろうか。

スマホゲームアプリ紹介カテゴリの最新記事